読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

データサイエンスフェスティバルに参加しました #dsfes

株式会社スタートトゥデイが主催するデータサイエンスフェスティバルに参加しました。

 

データサイエンスフェスティバルとは

コンテストではファッションECサイト「ZOZOTOWN」での閲覧履歴を利用し、顧客グループごとに各商品の閲覧率及び購入率を予測するモデルを構築します。

最優秀チームには100万円、学術的に意味があると評価した1チームに10万円を贈呈。
また、参加賞として最終スコア上位50チームかつ、最終プレゼンテーションへ参加したチームにはZOZOTOWNギフトカード5万円分が贈呈されます。

本日7月31日より「データサイエンスフェスティバル」を開催 | 株式会社スタートトゥデイ

 

参加から提出まで

参加したきっかけは、クーポン券目当てでした。時間をかければ確実に5万円はもらえるだろうと思っていたので。

そこで、会社の同期3人を誘って4人で挑戦!

でも、よく考えると4人で出て分けると1人あたりの賞金が減ってしまうので、結局2チームに別れて挑戦しました。

 

詳しい手法などは参加規約上言ってはいけない気がするので、ここでは言いません。

それなりにデータ量があって、メモリに読み込もうとすると2Gくらいになった気がします。

そして、これをきっかけに新しいPCを買いました。背中を押してくれてありがとう。笑

 

全期間の閲覧率、購入率を出すプログラムだけ作って、終了2週間前くらいに4人で集まってプログラミング。

この日、数時間やっただけで10位以内になったのでここで終了!

この後、ほとんど何もやらずにいたら、結局25位でタイムアップ。5万円分のクーポン券ゲットです!

もう一方のチームはというと… 74位。残念でした。笑

 

実はもっと複雑な手法に個人的に取り組んでいたのですが、試しにSpark使ってたらSparkを学ぶの楽しくなっちゃって、結局あきらめたという裏話も。。。

クラスタ環境じゃなくてローカル環境でやってたので、あまり利点活かせなかったのが残念な感じでした。

 

表彰式当日

無事50位以内になれたということで、表彰式にやってきました。

場所は、椿山荘ホテル。「つばきさんそう」ではなく「ちんざんそう」と読むらしいです。

会場に入ってみると… 豪華!!!

f:id:hase1031:20141108142620j:plain

 

ただの会議室でやるのかと思ってたら、結婚式が開かれるような会場でした。

お金のかけかたハンパないです。

そして、司会は… 新井恵理那さん!とても美人!

画像をあげて何か言われると嫌なのでご勘弁を… いやまじで美人でした。

取締役の話が終わったら、プレゼンが開始。

上位5人のプレゼンは、みんな同じ発想に基いていました。

難しいことはやってなくて、スタートトゥデイ的にはこれで良かったのかな〜?と思ってしまいました。

結局トップは、数理システムの人でした。

 

最後は、懇親会!

懇親会では、話した人が東大の大学院生ばかりで、東大トークや修論トークしたりしてました。笑

ご飯はとても豪華で美味しかったです。

f:id:hase1031:20141108180055j:plain

 

クーポン券とお土産の靴下。ありがとうございました。

f:id:hase1031:20141108230810j:plain

f:id:hase1031:20141108230818j:plain

 

最後に感想

こういうコンテストはどんどんやって欲しいと思っています。

ネットフリックスのコンテストも、ゾゾタウンのコンテストも、一個人としてはこういう取り組み大好きです!

他の会社もやってみてください!

 

 

(色々言われると面倒くさいので一部感想を削除しました)